薬剤師の転職.com

求人案件が豊富だから自分の希望にぴったりの仕事が見つかる!

「薬剤師の転職.com」にお越し頂きありがとうございます。
当サイトでは、「転職をお考えの薬剤師の方」「現在の職場環境に不満のある薬剤師の方」などを対象に、数多くの薬剤師専門の求人エージェントを分かりやすくご紹介しています。

これらのエージェントでは、「自分の希望する職場の紹介」から、「履歴書の書き方」「給与条件の交渉」までもを完全無料でサポートしてもらえます。

「年収800万円以上」「年間休日130日」「3日で転職」など、多くの薬剤師の方が好条件・高待遇での転職に成功しております。無料登録は1分で完了しますので、効率よく求人情報を探すためにも、まずは以下の人気ランキングを参考にして頂ければと思います。

薬剤師専用!転職エージェント人気ランキングはこちら!

  サービス名 利用料 対応エリア 運営企業 口コミ
リクナビ薬剤師 無料 全国 株式会社
リクルートドクターズキャリア
口コミ
【 人気・実績ともにNO.1の求人エージェント 】
■リクルートグループの「リクナビ薬剤師」が1位に!大企業から町の小さな薬局まで、総求人数35,000件以上を保有。47都道府県対応なのも人気の秘訣です。
■希望に沿った転職先を紹介してくれるので、ミスマッチが少なく、利用者からの喜びの声多数♪


マイナビ薬剤師 無料 全国 株式会社
毎日キャリアバンク
口コミ
【 マイナビグループ運営で安心 】
■「マイナビ薬剤師」が多くの方に支持されています。希望どおりの求人情報を無料紹介。「高給与」「好条件」の案件数、非公開求人の質は利用者の満足度◎
■入社後にミスマッチがおこらない事も徹底。担当者のサポートも手厚い。マイナビグループ運営で安心して利用することが可能です。


ヤクステ 無料 全国 株式会社
グローアップ
口コミ
【 転職後の離職率1%の安心感◎のサイトです 】
■薬剤師就職・転職サポート「ヤクステ」が人気上昇中!正社員だけではなく、パート・契約社員の求人情報にも強いと評判。マンツーマンの親身なコンサルも◎です。
■離職率1%という数字が表すように、無理な紹介は行わいところが、人気の秘訣とでしょう。


エムスリーキャリア<m3.com> 無料 全国 エムスリーキャリア
株式会社
口コミ
【 転職希望者の登録者数1番の人気サイト 】
■年間7,000人以上の薬剤師さんが利用する実績!「エムスリーキャリア【m3.com】」にも人気が集まる。登録から最短3日での入職も可能!
■専任コンサルタントが厳選した優良な職場のみを紹介。最短3日で入職可能。年収750万円以上の案件も!相談のみの方でも丁寧な対応をしてくれます。


薬剤師転職ドットコム 無料 全国 株式会社
メディウェル
口コミ
【 コンサルタントのサポート体制は抜群 】
■メディウェル【薬剤師転職ドットコム】が人気上昇中!求人数10,000件以上、病院求人数も5,000件以上と業界NO.1クラス。東証一部上場グループ営で安心です。
■面接への同行や条件交渉の代行など、コンサルタントのサービスは利用者からの喜びの声多数♪


ファルマスタッフ 無料 全国 株式会社
メディカルリソース
口コミ
【 転職後のギャップを防ぐことに力を入れる! 】
■薬剤師業界に精通している「日本調剤グループ」が運営しているため、最新の薬剤師転職事情や動向を把握!面接への動向&給与交渉などのサポートもポイントが高い。
■紹介先は実際にコンサルタントが足を運んで徹底調査!入職後のミスマッチを徹底して排除。


【お役立ち@】薬剤師の求人事情の裏側、教えます!

最近、薬剤師さんたちの中で転職を考える人が少なくないって言われていますよね。 普通に考えると、「いやいや…転職って、そうそう簡単にやったりしないでしょ…」って思うんじゃないかなーと思うのです。でもね、実際、薬剤師さんで転職を考える人・やってる人って多いんですよ〜。

実際、薬剤師さんの転職率が高いのは調査で既に明らかになっているんですよね。 経験したことがある人は全体の80%にもなるとかって、私もどこかで見た覚えがあるもの。中には1回だけじゃなくて2回以上の転職をしたことがあるって人もいるみたいだしね。

私の知人の薬剤師さんたちも結構転職活動してる〜という連絡を受けることが多いし、そういうのを見ているとホント、薬剤師は転職する人が多いってのが実感できます。

で、じゃあどうして転職なんてするの?ってところなんですけども。 理由はひとそれぞれっていってしまうとそれまでなんですけどね…; でも、結構人それぞれ、色々な理由があったりするんですよー。別に、必ずしも「条件に見合わない!」ってことで転職するってわけじゃないんです。 そりゃ中には人間関係に苦労してしまったことや環境の悪さとかが原因でそこを去っていくということもあるんですが…。でも、必ずしもそればっかりじゃない。

薬剤師さんって意外と活躍できる場面が広いんですよ。病院とか調剤薬局だけじゃなくて企業とか製薬会社とか学校とか自衛隊とか…ほんと、いろいろなところがあるんです。 それゆえに、もっといろいろな経験を積みたい!って向上心がある人も多いんですよね。 だから、更なる新しい経験を求めて、それまで働いていたところを離れて新しい環境に行くんですよ。 あと、キャリアアップを目指したり、もっと高い収入を狙ってより条件が良いところを見つけるとそっちに流れちゃったりもしますしね。

しかも、薬剤師さんの求人情報って最近は本当に増えてきているって言われているんですよね。様々な場面で、薬剤師さんが求められているのです。 こうした背景から、今は本当に様々なところで、薬剤師さんの活躍が必要とされています。自分のキャリアアップのため、経験を積むため、いろいろな結果につなげるために転職を考えていくことも必要かもしれないと言えるでしょう。

【お役立ちA】薬剤師でスキルアップを目指すなら、転職もいいかもね!

いろいろな仕事があって、その中にはどんどんスキルを積んでレベルアップしていくっていうものもありますよね。 薬剤師もそのひとつだと思うんです。 薬剤師の資格とって仕事したら終わり、じゃなくて、そこからまた新しいスキルや資格を取得したり、あるいはキャリアアップしたりっていうのが道なんじゃないのかなって。

でも、薬剤師が勤務している場所すべてがそういうスキルアップ出来る場所かって言われたらそんなことないと思うんです。中には決まった賃金で、どんどん仕事だけが増えていって自分のスキルアップなんてできない!っていうところもあると思うんです。 それでも、一生懸命働いている人もいるのでしょう。 でも、それで本当に満足なんでしょうか?絶対満足してないと思います。 誰しもなりたい自分っていうのがあるんじゃないかと思います。もちろん私にもありますよ。 だから、スキルアップできない職場、なんて逆にいったら時代遅れなんです。

もしも、スキルアップしたいけど今の職場じゃ無理…と感じたら転職を考えてみるのはどうでしょう? 転職って言われるとちょっと気が引けちゃうかもしれませんが、自分らしく働ける場所を探すだけです。それって何も後ろめたいことなんかありませんよね? スキルアップしたいのにできないなら、できるところに行く…ただそれだけです。

最近はより自分の理想に近い職場にいけるだけの環境も整っているんじゃないかと思います。 薬剤師専用の転職サイトなどがそうです。 薬剤師に絞って転職を支援しているサイトなら、個々の薬剤師にとってプラスになるような転職を提供してくれます。 それにサイトには普通の求人雑誌には載ってないような情報もたくさんあります。 プロのコンサルタントの存在だって心強いですよね。転職が初めてだとなおさらです。わからない部分を教えてくれる人なんですから。頼もしいことこの上ありません。

こういうサービスを使って、スキルアップできる職場に転職するっていう選択肢、アリだと思いますよ。諦める必要はないです。これはマジで。

【お役立ちB】転職を有利にすすめるのに勉強は必要?

薬剤師は非常に厳しい国家試験に合格した人のみが与えられる資格であり、薬剤師という職業は誰もが簡単になれる職業ではありません。昔からある薬の知識は勿論、薬は日々開発され続け毎日新薬が登場しています。薬剤師はそういった薬の知識を得るための努力が薬剤師として活躍するようになってからも必要になる勉強が必須の職業です。

薬剤師と言う職業は資格をとれば良いというものではありません。資格は薬剤師になるための必要最低限の基本のようなもので、資格をとって就職してからも大変な職業です。製薬会社に勤める薬剤師の場合、新薬の開発に携わることがメインなので常に新しい薬を向かいあわなければなりません。そのため薬に関する知識は否が応でも勉強しなくてはなりません。処方箋を調剤する薬剤師も同様ですよね。

つまり、薬剤師の転職を少しでも有利にするためにも勉強は必要だということが言えます。前職を辞めてから次の就職先が決まる間のブランクが影響しないように勉強をしておけば、新しい就職先でも即戦力になりうる可能性が高く評価され転職には有利になるのではないでしょうか。

また、薬剤師資格を持っていない人の場合でも受験に合格すれば薬剤師としての資格をもつことは出来ます。が、通常薬剤師になるには大学の薬学科か薬科大学で勉強し、試験を受けることが一般的です。薬剤師になるためにはかなりの勉強量が必要になってくるといわけです。勿論独学で猛勉強して試験をうけ国家試験に合格し、薬剤師を目指すことも不可能ではありません。

転職にあたって、薬剤師のような専門資格を有することは必ず有利になることは間違いありません。スキルアップ、キャリアアップのために何か専門知識を得ることは良いことです。また、仮に薬剤師の資格がとれなくても、薬学に関する知識をもっていれば、それを買われることもあります。薬局の販売員などは薬剤師の資格がなくても店員として働くことは可能ですよね。少しでも薬に関する仕事がしたい人であれば十分満足がいく仕事だと言えます。また、薬の仕事に携わりながら薬学の勉強をして薬剤師を目指す場合にも有利です。

薬剤師からの別の業者の薬剤師への転職、別の職種から薬剤師への転職、どちらにしても知識を身につけるための勉強は転職には絶対に有利に働くので、日々こうした努力は怠らないようにしていきましょうね。


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2011-2015 薬剤師の転職.com -大手転職エージェントを比較!- All Rights Reserved.